4代目となる新型「マツダ ロードスター」が5月21日に販売開始される。「人馬一体」の楽しさを追究した FR の2シーターオープンカーであり、マツダの新世代技術「SKYACTIV」と、新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第6弾となるモデルだ。


ドライブトレインには、新開発の直噴1.5L ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」を採用。フロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50とした。これに組み合わされるトランスミッションは、6速直結とした新開発の FR 用 MT「SKYACTIV-MT」と、ダイレクト感を向上させた6速 AT。いずれも、スポーティで力強い走りを実現している。


エクステリアでは、短く低いフロントオーバーハングと、人を中心に配置したコンパクトなキャビンとでつくり出した、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが特徴。路面に張りつくような安定感と敏捷さをイメージさせる、低くワイドな台形フォルムを形成している。


インテリアでは、ボディパネルがドアトリム上部まで回り込んで、クルマの内と外の境界を感じさせない、開放感のあるデザインとなった


ボディでは、アルミや高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を71%に高め(前モデル58%)、先代モデル比100キロ以上の大幅な軽量化を実現している。

コックピットは、優れた視界、操作性の優れた機器配置、ドライバーに対して正対するペダルレイアウトなど、スポーツカーとして理想的なドライビングポジションを実現した。


幌は、軽い操作で簡単に開閉でき、耐候性にも優れた構造を採用。使い勝手の良さを考えた室内小物入れや脱着式ドリンクホルダー、キャリーバッグ(飛行機内に持ち込み可能な小型サイズ)を2つ積めるトランクなど、2シーターのスポーツカーでありながら、高い利便性を維持している。


メーカー希望小売価格は249万4,800円から314万2,800円(消費税込み)。