Citroen(シトロエン)の4ドア5人乗りクーペ「DS 4」が新たなパワートレインを採用し、6月6日に発売となる。


DS4 は、クーペのデザインと SUV のような高めのアイポイントを併せ持つ。新パワートレインは、改良型1.6L ターボエンジンで、最高出力を121kw(165PS)/6,000rpm に、約3馬力引き上げている。最大トルクは240Nm(24.5kgm)/1400~3500rpm。欧州の排出ガス基準「Euro6」に適合し、CO2 排出量をより引き下げている。

トランスミッションにはより効率を高めた6速 AT を採用。全体にハイギアード化し、新クラッチを開発してロックアップ領域を増やし、トルクコンバーターのスリップロスを減らした。マニュアルモードのシフト速度も高めた。


併せて「ストップ&スタート」と呼ぶアイドリングストップ機能を追加。信号待ちや一時停止時にブレーキペダルを踏んで減速停止すると自動でエンジンが停止する。これらの改善で、燃費効率は JC08 モードで 14.9km/L と、過去のモデルに比べ32%向上したという。

エントリーグレードの「Chic」に加え、メイングレード「Chic Xenon Package」を設定。そちらはキセノンヘッドライト、18インチアロイホイール、スマートキー&エンジンスタートボタン、アルミペダルがパッケージとして付いている。希望小売価格は前者が320万円(税込)、後者が340万円。