スズキの新型「アルト ラパン」が6月3日に販売開始された。


「アルト ラパン」のコンセプトは“身近な雑貨や家具のような愛着のもてる道具”。若い女性ユーザーをターゲットとした軽乗用車だ。

3代目となる新型「アルト ラパン」は、女性がクルマに求めるものの調査・分析を実施。企画から開発、デザイン、機能・装備、アクセサリーの設定にいたるまで、女性の視点による指摘が取り入れられた。


エクステリアは箱型に丸みを加えた「まる しかくい」フォルムを実現。インテリアは、ソファやテーブルといったモチーフを取り入れ、自分の部屋のようにくつろげる空間が演出されている。



室内空間には、デザイン性と使いやすさを追求した収納や、「ナノイー」搭載のフルオートエアコン、プレミアム UV&IR カットガラスの採用をはじめ、運転をサポートするメーター音声案内機能や全方位モニターの設定など、女性にうれしい機能や装備を数多く採用した。

また、新プラットフォームと効率を高めたパワートレインの採用などにより、120キロの大幅な軽量化と35.6km/L の低燃費を実現している。