2017年春にも登場する JR 東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島(トランスイートしきしま)」。その出発の地となる上野駅構内に、専用ラウンジが登場する。デザインは車両と同じく、奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当する。

上野駅に豪華なラウンジ(画像提供:JR 東日本)
上野駅に豪華なラウンジ(画像提供:JR 東日本)

TRAIN SUITE 四季島は、日本の観光を盛り上げるために JR 各社が導入を進めている豪華な寝台列車の1つ。先頭車には美しい景色を眺められるガラス張りの展望エリアを、後続の車両には高級ホテルを思わせる食堂や寝室などを備える。

TRAIN SUITE 四季島、外観イメージ(画像提供:JR 東日本)
TRAIN SUITE 四季島、外観イメージ(画像提供:JR 東日本)

先頭車両の展望エリア(画像提供:JR 東日本)
先頭車両の展望エリア(画像提供:JR 東日本)

JR 九州の「ななつ星」や JR 西日本の「瑞風(みずかぜ)」などと並んで注目の的だ。

今回は、TRAIN SUITE の出発駅として予定している上野駅構内に、待ち合わせスペースとして乗客専用ラウンジ「PROLOGUE 四季島(プロローグしきしま)」が登場することが明らかになった。

飲み物やお菓子を楽しみながら、出発前のひとときを過ごせる場所だそう。

またそのほかにも幾つかのサービスを利用できる。出発時のチェックイン、手荷物の預け渡し、マイカーの駐車場回送、自宅や宿泊先などから上野駅までのハイヤー、上野駅構内でのポーターなどだ。