ホンダは、2013年・2014年のロードレース世界選手権 MotoGP クラスで2連覇を達成したワークスマシン「RC213V」の基本メカニズムを踏襲し、究極の公道仕様車として開発した「RC213V-S」の商談受付を7月13日から開始する。


レーシングマシンである「RC213V」では、運動性能のレベルを極限まで高めるために、徹底したマスの集中化とフリクションの低減が図られている。これらを実現しているのが、製造過程における「構成部品の軽さと加工精度」と「製作時に必要とされる高い技能」の2点だ。「RC213V-S」ではこれらの製造上のポイントを踏襲し、併せて「RC213V」に採用されている制御技術を採用した。


「RC213V‐S」の開発方針は「RC213V」の動力性能の再現ではなく、「RC213V」 のライディングフィールを再現すること。動力性能を再現することは、公道走行ではむしろ不適切だと判断された。だが購入者が「RC213V‐S」をレーシングコースなどで走行させることも想定し、スポーツキットを用意している。公道走行用に装備された灯火器類を外し、別売りのスポーツキットを装着することで、RC213V の世界に近づいた速度域での操縦フィールを再現可能としている。


「RC213V‐S」では公道走行を可能とするため、「RC213V」を踏襲しつつ、必要最小限の変更と追加を実施している。変更・追加項目は次の通りだ。

■「RC213V」からの主な変更・追加点
◆メンテナンス性からの変更項目

・メンテナンスを考え、ニュウマチックバルブは、カムギアトレインを踏襲しながらも、コイルスプリング式に変更した
・シームレストランスミッションをコンベンショナル方式に変更した

◆公道走行のための追加項目
・ヘッドライト
・テールランプ
・ライセンスランプ
・前・後ウインカーランプ
・左・右バックミラー
・スピードメーター
・触媒付きマフラー
・ライセンスプレートホルダー
・ホーン
・セルスターター
・サイドスタンド など
・Honda スマート・キー


◆公道走行のための変更項目
・ハンドル切れ角:15度 → 26度
・タイヤ:ブリヂストン社製 RS10
・フロントブレーキディスク:ユタカ技研社製(ステンレス材)
・ブレーキパッド:ブレンボ社製

なお、「RC213V-S」の点検整備は高度なメンテナンス技術が必要となるため、専用工具を備えた指定の販売店においてのみの対応となる。また「RC213V」同様、アルマイトなどの防錆処理を施していないフレームボディを採用しているため、車両の保管は管理された屋内が前提となる。

日本での販売価格は2,190万円。申し込みは専用サイトのフォームから行う。