原付二種スクーター ホンダ「リード125」の仕様が一部変更された。また、新色が追加され、6月18日に販売開始される。


「リード125」は、アイドリングストップシステムなどによる優れた燃費性能と環境性能を実現した原付二種スクーター。水冷・4ストローク・OHC・単気筒125cc エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載している。


今回の一部変更では、アイドリングストップシステムに電圧感知機能を追加。また、バッテリーサイズを大型化し、さまざまな使用環境におけるバッテリーのタフネス性を向上させた。


エンジンオイル交換時期の目安を表示する機能では、表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できる仕様に変更。多様な使用環境に応じた柔軟な運用を可能としている。


カラ―バリエーションでは、新たに「エグザルテッドブルーメタリック」を採用。既存色の「アルテミスシルバーメタリック」「ポセイドンブラックメタリック」「パールジャスミンホワイト」に加え、全4色の設定となった。また、車体のフロントトップカバーおよびヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しに変更し、より上質感を演出している。


メーカー希望小売価格は、29万3,760円(消費税込み)。