Porsche(ポルシェ)「911カレラ」「ボクスター」の特別仕様車「ブラックエディション」が6月25日から注文できるようになる。黒を基調にした塗装とインテリアを組み合わせ、「エレガンス」を強調している。


ブラックエディションの標準装備には、自動防眩ミラー、レインセンサー、クルーズコントロール、およびスポーツデザインステアリングホイールを含む。

911カレラ ブラックエディションは、最高出力 350PS(257kW)を発生する 3.4L 水平対向エンジンを搭載し、クーペまたはカブリオレ、後輪駆動または 4WD を選べる。20インチ 911ターボ ホイールとポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)を内蔵した LED ヘッドライトも備えている。運転席と助手席はヒーター付スポーツシートを採用し、Bose サウンドシステム も搭載している。リアビューカメラを含む前後のパークアシストシステムにより取り回しもよくしている。

ボクスター ブラックエディションは、最高出力265PS(195kW)を発生する 2.7L 水平対向エンジンを搭載し、黒のソフトトップとロールオーバープロテクションバーを装備している。ソフトトップを開いた際の風の巻き込みを抑えるウインドディフレクター付き。20インチ カレラ クラシック ホイールとポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を内蔵したバイキセノンヘッドライトを備えるほか、2ゾーンオートマチッククライメートコントロールとヒーター付シートを運転席と助手席に採用する。高品質なサウンドパッケージ・プラスも装備する。

価格はボクスターが731万円(税込、以下同じ)から、911カレラが1,239万円から。