ヘリコプターが大きなケーブルカーを宙吊りにして運び出す光景が話題となった神奈川県の大山観光電鉄。今度は美しい新型車両が空を飛んでやってきた。

新型ケーブルカーが空を飛んでやって来た
新型ケーブルカーが空を飛んでやって来た

大山観光電鉄が運行する「大山ケーブルカー」は、丹沢大山国定公園の山地を登り降りしている。この路線で50年前から働いてきた旧車両が6月に引退する際、ヘリコプターを使って搬送するダイナミックな光景が注目を集めた。今回は、10月から運行を始める2つの新型車両のうち2号車を、同様に運び込んだ。



車体の白い部分は、塗装を保護するためのシート。側面窓や座席などは、これから現地で取り付けを行う。

ちなみに7月、8月に催す「新型ケーブルカー青空工場見学会」では、内装の取り付けのようすなどを間近で見られるそう。また新型車両の1号車は7月に搬入予定だとか。