トヨタ自動車の「ヴィッツ」が一部改良され、販売が始まった。レーザーレーダーと単眼カメラという異なる2つのセンサーで、衝突事故を回避する「Toyota Safety Sense C」を一部のグレードに標準装備した。新色も追加している。

新色オレンジメタリック
新色オレンジメタリック

Toyota Safety Sense C は2つのセンサーで前方の障害物を検知し、衝突の危険があると、ブザーとディスプレイ表示で警報を出す。それでもドライバーがブレーキを踏めなかった場合、例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hで走っている状況だと自動減速する。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動するという。

またカメラで走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱を警告するLDA機能、カメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるAHB機能も備える。

ボディカラーには新色オレンジメタリックを設定。また「Jewela」グレード専用の新色クリームベージュ、アイスバーグシルバーマイカメタリックも用意する。内装色には新規開発色クリスプアイボリーを加えた。

新内装色のクリスプアイボリー
新内装色のクリスプアイボリー

希望小売価格は115万3,637円から。