プジョーのスポーツクーペRCZに「RCZ GT Line」が追加され、7月1日に販売開始された。


「GT Line」はスポーティなエクステリアと、レッドステッチがデザインされたインテリアが特徴のグレード。その「GT Line」が、2010年に日本に導入され、曲線を多用したデザインとスポーティなパワートレインが特長のスポーツクーペRCZを進化させた。

エクステリアにはGT Line専用パーツのほか、ロゴバッジやブラック・ドアミラー、19インチ大径アロイホイールが装着されている。


インテリアではダッシュボードやブラックナッパレザーシート、センターコンソールにレッドステッチがデザインされた。


価格は専用パーツを装備した上で、ベースモデルから6万円アップという買い得な設定。右ハンドル、6ATを採用した「RCZ GT Line RHD」で439万5,000円、左ハンドル、6MTを採用した「RCZ GT Line LHD」で466万円となっている(価格はいずれも消費税込み)。

■「RCZ GT Line」特別装備
◆エクステリア

・GT Lineエンブレムつき専用フロントグリル
・ダブルエキゾーストパイプ(左ハンドル車に設定)


・19インチアロイホイール“Technical Dark Grey”


◆インテリア
・ レッドステッチインテリア(ダッシュボード、ステアリング、シートなど)