炎天下に駐車していると車内温度が上昇し、すぐにはクルマに乗りこめないほどになってしまうことがある。JAFが2012年8月に実施した4時間にわたる炎天下駐車の調査では、駐車後1時間もしないうちに車内温度は50度を超えたそうだ。外気温は35度だったが、車内の平均温度は51度、最高温度は実に57度にまで達したという。

調査により、車内温度上昇を防ぐ最良の方法は、窓を少し開けておくことだとわかった。3センチ開けるだけで平均車内温度は42度と、締め切った状態よりも9度低くなるのだ。だが窓を開けておくと、車上荒らしなどの被害にあうリスクが高まってしまう。

「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇 EB-RM1200A」は、この問題を解決する商品。車の窓に小型ファンを挟み込み、車内を換気して温度上昇を抑える。換気用の隙間は付属のフィットゴムで塞ぐことができるので、車上荒らしなどのリスクを軽減できる。

駐車中の車内温度上昇を抑える「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」
駐車中の車内温度上昇を抑える「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」

同様の製品は他にもあるが、「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇 EB-RM1200A」の特徴はソーラーパネルを使用している点にある。太陽光で発電して換気扇を回すので、バッテリー上がりの心配がない。太陽の光が弱まってしまうと換気扇の回転も弱まるが、そのようなときには車内温度もあまり上昇しないので、大きな問題とはならないだろう。実に合理的な設計と言える。

「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」の特徴は  ソーラーパネルで発電し換気扇を回している点
「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」の特徴は
ソーラーパネルで発電し換気扇を回している点

「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」動作概念図
「ROOMMATE 自動車用ソーラーパワー換気扇」動作概念図

とはいうものの、換気扇の効果は限定的。この商品を取り付けていたとしても、車内に子どもやペットを残しておくと危険であることに変わりはない。この商品は、駐車場にドライバーが戻ってきたときに、車内温度が快適なレベルに下がるまでの時間を短くするためのものだ。

販売開始は8月上旬。価格は1万800円(消費税込み)。なお、セーフティ機構付きパワーウィンドウが取り付けられている自動車には使用できない。