「ABARTH(アバルト)」の新モデル「ABARTH 695 Biposto(アバルト 695 ビポスト)」が9月1日に販売開始される。


「ABARTH 695 Biposto」は、ブランド創始者カルロ・アバルト氏の言葉「Sunday on the track,Monday at the office(日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ)」を具現化したモデル。究極の走りと日常生活をシームレスに行き来するライフスタイルにぴったりな、ABARTH史上最速のマシンだ。1964年の「ABARTH 695」誕生から50周年を記念してラインアップされた。


「ABARTH 695 Biposto」は、レース専用モデル「ABARTH Assetto Corse」の公道版という位置づけ。乾燥重量997kgのボディに190馬力のエンジンの組み合わせは、クラス最高レベルのパワーウェイトレシオ5.2kg/HPを実現している。0-100km/h加速は5.9秒と6秒を切った。
(注:数値はいずれも、欧州仕様車による参考値)


■「ABARTH 695 Biposto」仕様概要
・レース用トランスミッション「ドグリングトランスミッション」を、公道仕様車として世界で初めて採用した(フルスペック仕様車のみ)。


・エンジンパフォーマンス向上のために、大型の「フロントレーシングインタークーラー」を採用。同時にF1・Moto GPといったトップカテゴリーのレース車両に採用されているBMC製「カーボンエアクリーナーボックス」を採用している。


・Akrapovic製「デュアルステージエキゾーストシステム」を採用することで、低回転域から高回転域までより高いパフォーマンスを発揮する。


・OZ Racing製の軽量18インチアロイホイール、アルミエンジンフード、チタンホイールボルトなど、軽量素材を積極的に採用した。


・AIM製「データロガーMXL2」、Sabelt製「4点式シートベルト」といったサーキット専用装備を採用することで、サーキット走行にも即時対応可能(フルスペック仕様車のみ)。



価格は標準仕様車が594万4,000円で、フルスペック仕様車が845万6,400円。