バスに乗っているあいだにスマートフォンを充電できたら便利なのに。西東京バスが運行を始めた「電源バス」はそんな希望をかなえてくれる。一部の座席に電源コンセントを備えていて、充電器さえ持ち歩いていれば無料で利用できる。

路線バスの中でスマートフォンを充電できる。便利かも
路線バスの中でスマートフォンを充電できる。便利かも

旅行や帰省などに使う「高速バス」では、ときどきスマートフォンの充電ができるコンセント付きの座席を見かける。しかし普段の通勤、通学で使う「路線バス」で、こうした機能を搭載した車両を新たに製造するのは、日本でも初の試みだとか。

西東京バスは、東京都八王子市などを中心に走っている。このあたりは学校が沢山あり、乗客も大学生、高校生が多い。日常的に車内でスマートフォンを利用する光景が見られ、車内に置いているアンケートはがきにも、充電用コンセントの設置に関する希望が書かれるそう。

そこで思い切って電源バスの導入を決定。取引のあるバスメーカーの三菱ふそうトラック・バス、いすゞ自動車首都圏、東京日野自動車の3社に依頼した。

車両は無事完成し、7月から運行を始めた。中扉後部の窓側座席にコンセントを備えており、中型車では8個、大型車では12個が同時に利用できる。乗車中は誰でもスマートフォンの充電が可能。ただし電気使用量の大きいパソコンなどは充電できないという。

後部の座席にコンセント付き
後部の座席にコンセント付き

従来の車両と区別するため、 電源バスにはピンクのステッカーを正面左上部に掲出しているほか、バスマスクを装着する予定。11月までに合計23台を導入し、多くの人が利用できるよう八王子市、あきる野市、日の出町、福生市などで路線を限定せず運行するそう。さらに今後も毎年の車両更新にあわせ導入を進める予定だとか。

ちなみに西東京バスでは、すでに各車両に公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「au Wi-Fi SPOT」 が導入済みなので、au を契約している人はより便利にスマートフォンを使えるとのこと。