「AMGスポーツモデル」の第一弾となるメルセデス・ベンツ「C 450 AMG 4MATIC」の注文受付が7月21日に開始された。特別仕様車「C 200 Sports Edition」に続く左ハンドル仕様車。販売開始は9月を予定している。


「AMGスポーツモデル」は、専用開発された高出力V6エンジンと、パフォーマンス志向の四輪駆動システムAMG 4MATICを備えたMercedes-AMGの新コンセプト。

「C 450 AMG 4MATIC」は、その「AMGスポーツモデル」の第一弾。「AMGテクノロジー」「AMGサウンド」、そして「AMGデザイン」の3つが大きな特徴となっている。


■AMGテクノロジー
エンジンにはMercedes-AMGが「AMGスポーツモデル」専用に開発した「3.0リッターV型6気筒ツインターボBlueDIRECT」が搭載される。このエンジンは、Mercedes-AMGの最新テクノロジーにより、最高出力270kW/367PS、最大トルク520Nmを発揮。0-100km/h加速4.9秒(ステーションワゴンは5.0秒)というパフォーマンスを実現している。

「AMGスポーツモデル」用に専用開発された「3.0リッターV型6気筒ツインターボBlueDIRECT」
「AMGスポーツモデル」用に専用開発された「3.0リッターV型6気筒ツインターボBlueDIRECT」

このエンジンに組み合わされるのが、Mercedes-AMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」。Cクラスとしては初めての搭載となる。33:67とリア寄りのトルク配分と低めに設定されたロッキングトルクにより、スポーツ走行時などでの強力なトラクションと安定感あるハンドリングを実現している。

■AMGサウンド
軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」を装備。モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを発生する。特にS+(Sport Plus)モードでは、官能的なV6サウンドを楽しむことが可能だ。

■AMGデザイン
エクステリアには、シングルルーバー付ダイヤモンドグリル、AMGトランクリッドスポイラーリップやブラックデュアルツインエグゾーストエンド、ハイグロスブラック19インチAMGツインスポークアルミホイールなどを採用。また、アクセントとして、フロントスポイラーやフロントグリルのルーバー、リアディフューザーなどにハイグロスブラックを採用した。


メーカー予定小売価格は、「C 450 AMG 4MATIC」が863万円で、「C 450 AMG 4MATICステーションワゴン」が943万円(価格はいずれも消費税込み)。