修学旅行での夜の定例行事である"まくら投げ"。そのまくら投げをスポーツ化した「競技まくら投げ」の全国大会の日程が発表された。

「競技まくら投げ」全国大会の日程決定
「競技まくら投げ」全国大会の日程決定

「競技まくら投げ」は8名のチームによって競われる団体戦。大将1名、リベロ1名、アタッカー3名、サポート3名で構成される。各チームのアタッカーは相手チームの大将をまくらで狙い、当てれば1セット取得となる。この攻撃を防御するのがリベロの役割。掛け布団を持ち、大将を狙って飛んでくるまくらを叩き落としてガードする。

ユニフォームは“浴衣”だ
ユニフォームは“浴衣”だ

サポートは競技エリアの外に位置。自陣の競技エリアから出たまくらを回収して自陣に戻す。まくらがなければアタッカーは相手の大将を攻撃できないので、見た目よりも重要な役割を担っている。自陣のまくらが尽きた場合、サポートは「先生がきたぞォ~」コールを1試合に1回だけコール可能。このコールがかかった場合、両チームの選手は先生に見つかったという想定のもと、10秒間正座しなければならない。サポートはこの間に、敵陣のまくらを回収できる。

今年の全国大会には早稲田大学や慶応大学など  「全日本大学まくら投げ連盟」に加盟するチームの他  「学連選抜」チームも出場した
今年の全国大会には早稲田大学や慶応大学など
「全日本大学まくら投げ連盟」に加盟するチームの他
「学連選抜」チームも出場した

競技は1セット2分x3セットで行われ、2セット先取したチームが勝利となる。

競技には女性も参加できる
競技には女性も参加できる

「競技まくら投げ」の全国大会は、2016年2月27日~28日の2日間開催される。全国大会はこれが4回目の開催となるが、今年は初めて首都圏予選会も開催されることとなった。予選会での上位入賞者は全国大会に招待される。また、全国大会のプレイベント「まくら投げ大会in所沢」の開催も決定した。

■全日本まくら投げ大会 開催日程
◆プレイベント:「まくら投げ大会in所沢」

日時:2015年8月9日 9時30分から16時(受付は9時30分から10時30分)
開催場所:所沢市民体育館サブアリーナ
◆首都圏予選会
日時:2015年10月25日 10時から17時
開催場所:早稲田大学所沢キャンパス祭内
◆全国大会:全日本まくら投げ大会in伊東温泉
日時:2016年2月27日、28日
開催場所:伊東市民体育センター

各大学のプライドをかけた“絶対に負けられない戦い”が、ここにはある!
各大学のプライドをかけた“絶対に負けられない戦い”が、ここにはある!