ヤマハ「E-Vino(イービーノ)」が8月20日に販売開始される。都市部での近距離移動に特化した電動バイク。

電動バイク ヤマハ「E-Vino(イービーノ)」販売開始
電動バイク ヤマハ「E-Vino(イービーノ)」販売開始

「E-Vino」のベースとなったのは、原付1種スクーター「Vino」。そのスタイリングを維持しながら、電動バイク化された。極低速での優れたトルクや、着脱式バッテリーによる手軽な充電、短い充電時間などが特徴。

「E-Vino」は近距離移動に特化した乗り物。都市部に生活し、駅までの移動や買い物など、半径5キロ圏内での移動手段を必要とする女性層をターゲットとしている。ボディーカラーには、10〜20代前半の女性に似合うものが選ばれた。

想定される「E-Vino」での移動範囲
想定される「E-Vino」での移動範囲

1回の充電で走行できる距離は約29キロ。ショートレンジ移動で求められる距離を確保している。シート下には予備バッテリーも収納可能だ。バッテリーは着脱式で、家庭用100ボルト電源から充電できる。充電時間は約3時間。

「E-Vino」での充電手順  電動アシスト自転車なみに簡単?
「E-Vino」での充電手順
電動アシスト自転車なみに簡単?

車両重量は68キロ。ボディーカラーは「ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1」と「ホワイトメタリック1」の2色展開。価格は23万6,520円(消費税込み)。

ホワイトメタリック1
ホワイトメタリック1