フェラーリは「Ferrari 488 Spider」を発表した。ターボラグの排除された3,902cc V8ターボエンジン、革新的なエアロダイナミクスソリューション、軽量なリトラクタブル・ハードトップを特徴とするマシンだ。


パワーユニットには、3,902cc V8ターボエンジンが搭載された。「Ferrari 488 GTB」でデビューしたこのエンジンは最高出力670cv、最大トルク760Nmを発生し、0-100km/h加速では3秒、0-200km/h加速では8.7秒というタイムを叩き出す。ターボエンジンの宿命でもあるターボラグを徹底して排除し、スロットル応答時間をわずか0.8秒に短縮。回転域を問わずに常に湧き上がるようなパワーを発生させる。


エンジンサウンドは、フェラーリの伝統を継承。長い等長パイプによるエグゾースト・ヘッダー、フラットプレーン・クランクシャフトなどによって生まれるサウンドは、エンジン回転の増減によって変化するハーモニクスと音調を徹底的に解析。さらに際立ったものとなった。エンジンの回転上昇に合わせて、音量と透明感を増しながら変化するサウンドは、オープントップ状態でもその心地よさを損なわない。


「Ferrari 488 Spider」はこれまでのスパイダーモデルの中で最もエアロダイナミクスに優れたモデル。様々なエアロダイナミクス・ソリューションの導入により、最適なダウンフォース獲得とドラッグ削減という、相反する2つの目的を達成した。


エアロダイナミクスの研究では、車内の快適性も考慮されている。電動ガラス・リアウインド・ストッパーは、オープントップ・ドライビングでの快適性を保証するために、3つのポジションに調整可能。ウインド・ストッパーを最下段に設定すると、ルーフを閉じた状態でも天候やドライビング状況に関係なく、ダイレクトにエンジン・サウンドを楽しめる。


リトラクタブル・ハードトップ(RHT)は、重量低減(-25キロ)に貢献するとともに、ソフトトップよりも優れた快適性を提供する。オープントップ・ドライビング時には、RHTは2つのセクションに分離。互いに重なり合いながら後方に折り畳まれ、エンジンと同じ高さに、極めてコンパクトに格納される。開閉に要する時間はわずか14秒。




「Ferrari 488 Spider」は9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアされる。現在は、特設サイト「Exclusive Digital World Premiere」で、新色「Blu Corsa」の車両画像/動画が先行公開されている。