ジャパンジェットチャーターが、「プライベートジェット」として用意しているチャーター便に、「ナポリの窯」の焼きたてのピッツァが届くサービスが始まった。豪華なのか庶民的なのかちょっと判断に困るが、ピッツァはおいしそうだ。

普通においしそうなマルガリータ(写真提供:ナポリの窯)
普通においしそうなマルガリータ(写真提供:ナポリの窯)

ジャパンジェットチャーターは、セスナ・サイテーションなどの小型機をチャーター便として運航している会社。当然ビジネスやプライバシー上の理由からしっかり費用を負担できる顧客が対象のサービスだ。

ジェット機のチャーターといえばハイソサエティな雰囲気  (画像出典:ジャパンジェットチャーター)
ジェット機のチャーターといえばハイソサエティな雰囲気
(画像出典:ジャパンジェットチャーター)

普通、プライベートジェット機内の食事といえば、有名レストランやホテルが監修した料理や高級弁当などを思い浮かべるが、時には会議をしたり家族や友人と一緒に過ごしたりしながら「気軽に食事」を楽しみたい場合もあるはずだという。

そこで、今回は宅配ピッツァの「ナポリの窯」と業務提携し、焼きたてのピッツァが届くようにした。デザートなども一緒に頼める。

英語でかっこよく書いてあるけどよく読むと「チキポテパック」とかあるぞ!  (写真提供:ナポリの窯)
英語でかっこよく書いてあるけどよく読むと「チキポテパック」とかあるぞ!
(写真提供:ナポリの窯)

当面は羽田空港を離陸するチャーター便が対象だ。ジャパンジェットチャーターに渡航を依頼した人が「ピッツァが食べたい」と要望しておくと、ナポリの窯蒲田店が焼いて、空港に届け、「グランドハンドリングスタッフ」が機内に運んでくれるそうだ。