ホンダは、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更し、2016年モデルとして9月18日に受注期間限定で発売する。

CRF250Rは、エンジンの出力向上を目的に、吸排気系部品の素材変更も含めて見直しを実施。併せて、PGM-FIのセッティングを最適化するなど、エンジンの高回転域での出力向上とドライバビリティーの向上を実現した。


フロントサスペンションは、フォークの内部構造の見直しに加え、アウターチューブに空気弁を追加。より細かなサスペンションセッティングを可能にするとともに、初期作動性能を向上させ、サスペンションの動きの良さと反力を両立させている。


CRF450Rは、さらなる走行安定性の向上を目指し、フロントフォークの全長を5mm延長し、車体姿勢を最適化。さらに、リアサスペンションのセッティングを見直して高いトラクション性能を実現した。


スタイリングは、CRF250R、CRF450Rともに、2015年型モデルを踏襲。燃料タンク側面のシュラウドには、ホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシンをイメージさせるストライプを施した。車体色にはHondaのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用。躍動感あふれるスタイリングとしている。

受注期間は2015年8月7日から12月10日まで。メーカー希望小売価格はCRF250Rが76万6,800円で、CRF450Rが90万7,200円(消費税込み)。

なお、CRF250R、CRF450Rは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行できない。また、登録してナンバープレートを取得することもできない。