動くものをカメラにとらえると、自動録画を始めるフルHDのドライブレコーダー「azur DRX-G715」が、イノベーティブ販売から登場した。


撮像素子は200万画素で、画角は水平112°、垂直57°、対角140°。フレームレートは27.5fps~60fpsだ。記録媒体はデータ容量最大32GBのSDメモリーカード。

動体検知録画機能では、電池が満充電の状態から連続30分録画を続けられる。

これに加えGセンサーにより衝撃を感知した瞬間に動画を保護する機能や、エンジン始動時に自動で記録を開始する機能、マニュアル操作で録画内容を保護を備える。

このほかWDR(映像自動補正)機能を利用でき、明るい部分を補正した映像と暗い部分を補正した映像を合成して見やすい鮮明な映像として保存できる。