レクサスSUVラインアップのフラッグシップモデル「LX570」が9月14日に販売開始される。力強さと上質感を併せ持つ、3列シートのラグジュアリーSUVだ。


エクステリアは、ロア部を大胆に厚くした安定感のあるフロントビュー、厚みのあるアンダーボディを強調するサイドビュー、そして力強いスタンスのリヤビューが、本格SUVとしての力強さとフラッグシップとしてのラグジュアリー感を表現している。



プロテクター形状を彷彿とさせるグリル下端部や、グリルフレームと一体となった硬質な面状のグリルインナーバーなど、力強さと洗練さを兼ね備えたスピンドルグリルは、LEXUSのアイデンティティを示している。


インテリアは、金属、革、本木目と異なる素材のコントラストを際立たせ、上質感を演出。水平基調のインストルメントパネルにより、車両の姿勢状態を容易に把握できるなど、本格SUVとしての基本性能も確保した。


搭載されるV8 5.7Lエンジンは、2,000rpmから最大トルクの約90%を発生させるワイドなトルクバンドを実現。スーパーインテリジェント8速オートマチック(8 Super ECT)との組み合わせにより、オンロードでは伸びやかな加速を、オフロードでは低・中速域での力強さを発揮する。


先進安全技術では、「Lexus Safety System +」パッケージが採用されている。このパッケージには、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱の可能性を運転者に知らせる「レーンディパーチャーアラート」、先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」、高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロールの各機能が含まれており、多面的な安全運転支援を行うことができる。


その他、ドアミラーで確認しにくい隣接する車線の後側方エリアに存在する車両に加え、隣接する車線の最大約60メートル後方までモニターし、急接近する車両の検知も可能なブラインドスポットモニター、駐車場での後退時に左右後方から接近してくる車両をBSMのレーダーにより検知し、ドライバーに注意喚起するリヤクロストラフィックアラートなども標準装備された。


快適機能では、先進の空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」を装備。このシステムには、オートエアコン、ステアリングヒーター、運転席・助手席・セカンドシートのシートヒーター・シートベンチレーションの各機能を一括して連動・作動させる「クライメイトコンシェルジュスイッチ」が搭載されている。また、助手席とセカンドシートでは、着座乗員の有無を検知し、各機能を自動的に作動または停止させることが可能となっている。


価格は1,100万円。