ホンダは、インドネシアで8月20日から開催されている「2015年 GAIKINDO インドネシア国際オートショー」で、新生代クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」のプロトタイプを世界初公開した。「BR-V」は2016年初めに、インドネシアで発売される予定。

新生代クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」(プロトタイプ)
新生代クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」(プロトタイプ)

「BR-V」は、SUVらしい外観とハンドリングに加え、広々とした室内空間と多彩なユーティリティを兼ね備えたモデル。1.5リッターi-VTECエンジンに、新しい6速マニュアルトランスミッションや無段変速機(CVT)を組み合わせたドライブトレインは、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立している。

「BR-V」の受注は、インドネシア国際モーターショー2015の会場で開始される。生産は2016年1月に開始の予定。「BR-V」とは、Bold Runabout Vehicleの略。

6月に公開された「BR-V」のデザインスケッチ
6月に公開された「BR-V」のデザインスケッチ