光岡自動車は、富山県の伝統工芸品 「井波彫刻」とのコラボレーションによるコンセプトカー「Viewt TOYAMA(ビュートトヤマ)」を発表した。8月22日、23日に開催される「第41回井波彫刻まつり」に展示する。


ビュートトヤマは、日産自動車の「マーチ」を改造し、クラシカルな雰囲気を出したパイクカー「ビュート」をさらに富山県の伝統工芸品で飾ったクルマだ。

オプションとして装着した「クラシックインパネ」のウッドタイプパネル部分に、富山県の名勝をあしらっている。富山湾と立山連峰を一望する雨晴海岸の絶景を、井波彫刻の「欄間」の技法で描き出し、同じく富山の伝統工芸品である「越中和紙」を使った木製の一輪の花やパーセルボードで華を添えた。



今後、富山のみならず北陸、日本の魅力を世界中に発信できるコラボレーションを企画していきたいとしている。次はどのような地方色を帯びたコンセプトカーが登場するか興味深い。