スズキは、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更した。燃費を向上させたほか、5速オートギヤシフト(5AGS)車に2速発進モードを追加。またボディ表面積の100%を防錆鋼板とするなど改良を施している。

エンジン制御を変更し、燃費を向上した。例えば3速ATの2WD車ではJC08モードで16.8km/Lから17.2km/Lに、5速MTの4WD車では18.4km/Lから19.6km/Lに高まっている。

5AGS車は2速発進モードを追加し、空荷時や軽積載時のより円滑な発進と快適な乗り心地を実現したという。


さらにルーフパネルも含め、ボディ表面積の100%に防錆鋼板を採用したことでいっそう業務に使いやすくなった。

このほか左右2カ所の平シート用フックを採用し、リヤゲート中央に荷台フックを追加して作業性を向上。積荷をより安定して固定できるようにしている。シートクッションも大型化したそう。

希望小売価格は3速ATの2WD車で88万8,840円(税込、以下同じ)から。5速MTの4WD車では83万3,760円からなどとなっている。