BMWの「MINI Cooper 3 Door」「MINI Cooper 5 Door」の燃費が向上し、エコカー減税対象モデルになった。また「MINI Cooper S 3 Door」「MINI Cooper S 5 Door」が装備内容を充実させ、ETC車載器などを標準採用した。

MINI Cooper 3 Door、MINI Cooper 5 Door、いずれもAT車はJC08モードの燃費を従来の17.9km/Lから新たに18.3km/Lに改善した。両モデルとも、平成27年度燃費基準を+5%で達成し、エコカー減税対象モデルとなっている。それぞれ自動車取得税が20%減税、重量税が25%減税となる。

またMT車のMINI Cooper 3 Doorは従来の19.2km/Lから19.6km/Lに向上している。

またMINI Cooper S 3 Door、MINI Cooper S 5 Doorについては、これまでオプションだったITSスポット対応のETC車載器システム、自動防眩機能付きルーム・ミラーを標準装備に変更した。また両モデルのカーナビゲーションシステムの地図データの更新が3年間無償になった。

これに加えフロント・エア・ダクト、テールゲート・ハンドルのフィニッシャーを、ハイグロス・ブラック仕上げとし、よりスポーティなデザインにしたという。

希望小売価格はMINI Cooper 3 Doorが266万円(税込)から。