日野自動車はトラック「日野レンジャー」に低燃費を追求した新型ダウンサイジングエンジンを搭載し、VSC(車両安定制御システム)を標準装備した新車型を追加設定し、10月1日に発売する。

今回追加する新車型は車両総重量14トンクラスの「レンジャーFE」。新たに排気量5.1Lのダウンサイジングエンジン「A05C」型を搭載し、小排気量かつ低回転から大きなトルクを発揮できるようにした。最高出力は184kW(250PS)。

トランスミッションも新型の7速MTを採用している。これにより重量車燃費基準+5%の燃費改善を果たし、エコカー減税の対象となり取得税が60%、重量税が50%の減税となる。

またVSCの標準搭載により、横転や滑りやすい路面でのドリフトアウトやスピンを抑制。警報音を鳴らしたり、エンジンの出力を制御したり、さらにはブレーキを作動させることで危険回避を支援する。先進安全自動車(ASV)技術としての「車両安定制御装置」の技術的要件を満たしており、ASV減税の対象にもなる。