ABARTH(アバルト)、Chrysler(クライスラー)、 Jeep(ジープ)各ブランドの販売店が9月19日付けで鹿児島市内にオープンする。特にアバルトが鹿児島に登場するのはこれが初めてだ。

ジー・エス・ティーが運営する「アバルト鹿児島」「クライスラー鹿児島/ジープ鹿児島」で、鹿児島市の県道217号(産業道路)沿いに既存の「Alfa Romeo(アルファロメオ)鹿児島/FIAT(フィアット)鹿児島」に併設する。建物全体を囲うシルバーの鋼板が目を引く2階建てのショールームで、5つのブランドロゴサインを設置している。

5つのブランドはすべてフィアット・クライスラーグループに属している。こうした形で1つの建物に同居する形態は国内で8例目だそう。なおアルファロメオ、フィアットの両ブランドの区画もこの機に刷新するそう。

建物の1階は「アルファロメオ/フィアット」「クライスラー/ジープゾーン」「アバルト」ゾーンに分かれる。ショールームは合計8台を展示可能で、ブランドごとにCI什器やフロアリングでまとめてあり、それぞれの世界観を十分体感できるという。

商談エリアとラウンジコーナーも備え、円滑なクルマの引き渡しを可能とする納車ブースも設置している。2階は中古車の展示エリアおよびワークショップスペース。9月23日までオープニングフェアも催すそう。