Volkswagen(フォルクスワーゲン )初のプラグインハイブリッド車 「Golf GTE」の販売が始まった。ハッチバック型で、フル充電からのモーターによる走行距離は53.1kmをうたっている。

モーターのみで走る「E」モードに加え、燃費を優先してエンジンとモーターを効率よく駆動しながら走る「HV」モード、パワーを重視して双方を駆動する「GTE」モードを切り替えられる。Eモードでも130km/hまでの速度が出せる。GTEモードでは0-100km/hの加速を7.6秒で行えるという。


1.4Lの直列4気筒インタークーラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力は110kW(150PS)/ 5,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpm。モーターは80kW(109PS)、330Nm(33.6kgm)を発揮する。トランスミッションは6速DSG。HVモードで走行時の燃費はJC08モードで23.8km/Lとしている。


駆動用バッテリーの容量は8.7kWh。200Vの家庭用電源を使うとフル充電に要する時間は約3時間。



エクステリアはブルーのアクセントを用いている。スポーツモデル「Golf GTI」同様、左右のヘッドライトまで伸び、ラジエーターグリルの水平バーのほかにも「GTE」エンブレムやフロントグリル中央のVWバッジの縁取り、ブレーキキャリパーまで統一して採用している。



また電力消費量の少ないLEDを多く採用。対象はC字型のフロントランプ、デュアルヘッドライト、ウインカー、パーキングライト、リヤのテールランプ、ライセンス、プレートの照明などだ。



インテリアはシートのチェック柄やステアリングホイールとシフトレバーのステッチなどに、ブルーのアクセントを取り入れている。専用のドアシルプレートとドアトリムのイルミネーションもブルーに光る仕様。


Golf GTIと似たタータンチェックのスポーツシートとブラックのデコラティブパネルもあしらっている。一方でパワーメーターを備えたGolf GTE専用デザインのインストルメントパネルを備える。

これに加え純正ナビゲーション システム「Discover Pro」の専用版を搭載しており、残存バッテリー量でEVモード走行ができる範囲を 360°で表示する「レンジモニター」が利用できる。走行中のエネルギーの流れを示す「エネルギーフローインジケーター」や走行時間に占めるEV走行の割合を表示する「ゼロエミッションディスプレイ」、出発時間と充電時間をプログラムできる「e マネージャー」などの機能もある。


このほか11月からGolf GTEオーナー向けに「Car-Net e-Remote」のサービスを開始する予定。利用すると、手持ちのPC、スマートフォン、タブレット端末などを使って、離れた場所からバッテリーの充電予約や出発前のエアコン設定(乗車前になどを行える。


希望小売価格は499万円(税込)。最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用となる。