Ford(フォード)は5人乗りの小型車「Focus(フォーカス)」を大幅改良し、10月3日に発売する。

エクステリアを刷新し、運動性能を大きく打ち出したデザインになっている。大型の台形グリルやエンジンフード中央部が隆起した「パワードーム」デザインを採用。ヘッドランプもよりシャープな形状に変更し、リアのテールランプデザインもよりスポーティな印象を強調している。

インテリアはフォード最新のドライバーコネクト・テクノロジー「MyFord Touch」を採用する。各種情報表示、設定を8型のタッチスクリーンで操作できる。車内のさまざまな装備や情報を一元化して把握できる。

従来の2.0Lの自然吸気エンジンから、ダウンサイジング・ターボエンジンの1.5L EcoBoostに切り換えた。最大出力は132kW(180ps)/6000rpm、最大トルク240N・m(24.5kg-m)/1600-5000rpm。燃費効率は約20%改善したという。トランスミッションは新たにパドルシフトを採用した「SelectShift」付6速AT。

ボディやサブフレームの剛性強化、サスペンションジオメトリーの最適化を図り、ショックアブソーバーのチューニングによって俊敏性を向上している。

自動ブレーキシステム(アクティブ・シティ・ストップ)を改良し、50km/h以下で走行中にレーダーセンサーで前方車両を検知し、衝突の危険にドライバーが対応できなかった場合に減速する。

上級グレードの「Sport+ EcoBoost(スポーツプラス エコブースト)」にはより多くの運転支援システムを備える。縦列駐車と後退による車庫入れ駐車時のハンドル操作を自動で行うアクティブ・パークアシストや、走行中に車線を逸脱しそうになった際に自動補正するレーンキープ・システム、車両と一定の車間距離を保ちながら、設定速度に従って加減速を自動で行うアダプティブ・クルーズコントロールなどだ。

希望小売価格は349万円(税込)。