本田技研工業(ホンダ)の英国法人は、フランクフルト国際モーターショーでコンセプトカーとして「Honda Project 2&4 powered by RC213V」を公開する。

ホンダが世界各地に置く2輪車、4輪車のデザインスタジオから80人以上のデザイナーが参加した社内コンペティション「グローバルデザインプロジェクト」で生まれた。


1960年代、F1に参戦していたマシンをモチーフにしたデザインで、ミッドシップエンジンレイアウトの4輪車ながら、2輪車のようなフレームとボディーカウルによって構成したボディー構造が特徴。むき出しのフローティングシートにより全身でオープンエアーを体感できる運転席も備え、2輪車の開放感と4輪車の運動性能を兼ね備えているそう。

「MotoGP」に参戦しているレース用モデル「RC213V」の公道仕様車「RC213V-S」と同じ排気量999ccのV型4気筒エンジンを採用。最高出力は215PS。トランスミッションは6速DCT。