シェアできるクルマの1つ「パンダハイエース」(画像出典:Anyca公式ブログ)
シェアできるクルマの1つ「パンダハイエース」(画像出典:Anyca公式ブログ)

マイカーを簡単に貸したり借りたりできるカーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」をDeNA(ディー・エヌ・エー)が正式に始めた。iPhone、Androidスマートフォンで専用アプリケーションをダウンロードすると使えるようになる。


貸し手はスマートフォンでマイカーを撮影して投稿し、借り手は写真の一覧を眺めてほしいクルマを選び、申し込む。あとは適当な待ち合わせ場所でクルマの受け渡しをする。すでに旧車やスポーツカー、痛車を含め東京都を中心に200台以上の登録があるそう。


なお、貸し借りを1回以上すると、評価とレビューが記録に残り、ほかの人が貸し借りする際の参考になる。

決済については、借り手はAnycaに事前登録したクレジットカードから自動で支払いをし、貸し手はAnycaから事前登録した銀行口座に振り込んでもらう。安心して利用できるように1日単位の自動車保険への加入が行える仕組みもある。

DeNAでは、リピート時のクルマの引き渡しをより便利にする為に、スマートフォンでドアの解錠、施錠ができる「スマートキー」も開発中。10月ごろから利用可能になる。貸し手がこの装置をマイカーに取り付けておくと、借り手はアAnycaのアプリから簡単に解錠、施錠ができ、より簡単にクルマを利用できるようになる。