ユピテルから手のひらサイズのドライブレコーダー「DRW-mini2WGX」が発表となった。買替補償金制度の対象で、ロードサービス1年分が付いてくるなど付録が充実している。

「交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度」対象製品。DRW-mini2WGXを設置したクルマがレッカー搬送の必要な交通事故にあった場合、ドライブレコーダーの再購入費用などについて一律4万円まで補償を受けられる。

またバッテリー上がり、キー閉じこみなどの、クルマやバイクの事故・故障に対応するタイムズクラブのロードサービス「カーレスキュー」が、1年間無料で使える。



500万画素CMOSを搭載し、フルFD、30fpsでの録画が可能。フルHD撮影時に発生するノイズを抑制し、地デジ・カーナビへの影響も軽減できるそう。視野角はレンズ画角が対角150°、最大記録画角:対角110°(水平90°、垂直65°)。

エンジンの始動停止に連動した自動録画、Gセンサーで衝撃を検知した場合の録画内容の保護に対応する。手動で録画の保護も行える。GPSを内蔵し、1.41型ディスプレイも搭載する。記録媒体は32GBまでのmicroSDHCメモリーカード。8GBのカードが付属する。