Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)は、クリーンディーゼル仕様の「C 220 d」セダン、ステーションワゴンについてそれぞれ注文受付を始めた。10月に発売予定だ。

Cクラスのラインアップに4モデルを追加する。セダン「C 220 d AVANTGARDE」、ステーションワゴン「C 220 d Stationwagon AVANTGARDE」「C 220 d Stationwagon Sports」「C 220 d Stationwagon Sports (本革仕様)」だ。

いずれも排出ガスに尿素水溶液を噴射し、化学反応で有害な窒素酸化物(NOx)を削減する「BlueTEC」技術に対応。2.2L直列4気筒エンジンには、ピエゾインジェクターを用いた最新世代のコモンレールシステムを採用。大きさの異なる2基のターボチャージャーへの排気の流れを可変フラップにより制御してターボラグを解消し、必要なブースト圧を引き出す2ステージターボチャージャーを備える。最高出力は170PS、最大トルク400Nmだ。

トランスミッションは、Cクラスとして初めて9速AT「9G-TRONIC」を搭載。市販のトルクコンバーター式トランスミッションの中で最も変速段数が多く、1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費効率の両立が図れるとする。

JC08モードの燃費は、C 220 d AVANTGARDEが20.3km/L、C 220 d Stationwagon AVANTGARDEが19.6km/L。エコカー減税(重量税、取得税 免税)や自動車グリーン税制優遇措置(翌年度自動車税75%減税)の優遇、およびクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額2万円)の交付を受けられる。

希望小売価格はセダンが559万円(税込)から。