Jaguar(ジャガー)はサルーン「XF」をフルモデルチェンジし、受注を開始した。ボディの75%にアルミニウムを使った軽量モノコック車体構造を採用し、従来モデルと比べて最大190kg軽量化している。


ダブルウィッシュボーン式フロント・サスペンションとインテグラルリンク式リア・サスペンションを組み合わせ、ねじれ剛性を最大28%向上した。前後重量配分を50:50とし、快適な乗り心地とハンドリングを実現したという。

ボディは全長4,965mmと従来モデルに比べ10mm短く、車高を同5mm低い1,455mmとしつつ、ホイールベースは50mm長い2,960mmに広げた。後部座席のレッグルームを15mm、ニールームを24mm、ヘッドルームを27mm拡大し、より広々とした室内空間を確保したという。



エンジンはガソリン・エンジン搭載の5モデルに加え、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた「INGENIUM(インジニウム)」ディーゼル・エンジンを搭載した、2.0L 直列4気筒ターボチャージド・エンジンに、トランスミッションとして8速ATを組み合わせた2機種もそろえる。

デザイン面では、ジャガー初となるアダプティブ・フルLEDヘッドライトを採用したほか、フロント・オーバーハングを短くしてクーペを彷彿とさせるデザインを強調。フロント・バンパーに開口部を設けて空力効率も高めた。


インテリアはスタイリッシュかつラグジュアリーなデザインを取り入れ、直感的なタッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる新開発の10.2型のインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を搭載。デジタルメーター類だけでなく、ドライバー専用のフルスクリーン・ナビゲーション・ディスプレイとして生かせる12.3型インストルメント・クラスターを備える。



このほか標準装備として、安定した運転を支援する電動パワーステアリング、滑りやすい路面でもステアリング操作のみで低速の一定速度で走行できるオール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)、車間距離を維持しながら走行するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)などを採用する。

希望小売価格は598万円(税込)から。