トヨタ自動車は「アベンシス」をマイナーチェンジした。内外装を一新し、燃費も向上している。衝突回避支援パッケージも標準装備する。

エクステリアでは、LEDクリアランスランプと組み合わせたBi-Beam LEDヘッドランプと、大きく力強いロアグリルにより、ダイナミックなフロントマスクを実現したという。



インテリアでは、インストルメントパネル上部からフロントドアの上部へ流れるようなデザインとすることでフロント全面を一体化し、幅広い印象を持たせた。センタークラスターの意匠変更も加わり鋭い印象にしている。メーターは迫力ある2つの円筒形状のシリンダーデザインで立体感を持たせている。



シートも形状を変更し、座った時のホールド性を向上。「Li」は内装色に新色のテラコッタを採用してシート表皮をアルカンターラと本革仕様に、「Xi」は内装色をグレーにしてシート表皮をアルカンターラとファブリック仕様でまとめている。

トランスミッションはCVT。燃費はJC08モードで14.6km/Lを達成したという。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで安全運転を支援する。