Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)のミニバン「Vクラス」に新モデルが登場した。注文受け付けが始まっており、2016年1月に発売予定だ。日本の環境規制に適合させた2.2L直列4気筒「BlueTEC」ディーゼルエンジンを搭載している。


排気ガスにフィルターをかけてPM(粒子状物質)を除去したうえ、尿素水溶液を噴射し、有害なNOx(窒素酸化物)を削減するシステムを採用する。またピエゾインジェクターを使った最新世代のコモンレールシステムや電子制御可変ターボチャージャーなどにより、最高出力163PS(120kW)、最大トルク380Nmの動力性能を発生する。


トランスミッションは7速AT「7G-TRONIC PLUS」を搭載。燃費効率はJC08モードで15.3km/Lと先代の3.5L、V6ガソリンエンジンと比較して最大125%向上したという。


駆動方式はFRで、クラッシャブルゾーンや前輪の切れ角を充分に確保し、取り回しやすさと安全性、走行安定性に優れるほか、長いプロペラシャフトが加減速のショックや騒音、振動を低減するという。

足回りには「AGILITY CONTROLサスペンション」を採用。フロントにマクファーソン式、リアにセミトレーリングアーム付独立懸架式を搭載。ローダウンするとともにスタビライザーを備え、ロールを減らした。セレクティブダンピングシステムも組み込み、通常走行時には油圧抵抗を抑え、急激なコーナリング時などは最大限の減衰力を発揮する。


エクステリアは、彫刻のようなアローシェイプのボンネットがスリーポインテッドスターを中央に配したラジエターグリルと連なるフロントマスクが特徴。ヘッドライトに走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替える「LEDインテリジェントライトシステム」を採用。サイドはフロントから連なる立体的な2本のキャラクターラインが流れるようになっている。



インテリアはシート、ステアリングホイール、シフトレバーなど随所にナッパレザーなどを採用。面積の大きなインテリアトリムにより空間を広く見せている。雰囲気のある間接照明としてアンビエントライトも備える。

堅牢なシートレールを採用したフラットなフロアに2列目は独立シート、3列目はベンチシートを配する。脱着可能なシートを採用しているため、2列目を後ろ向きにセットして後席乗員5人が向かい合って座れる。後席を2座のみにして室内を広々と使ったショーファードリブン仕様にしたり、2列目と3列目をすべて取り外して荷物を積載したりも可能。利便性の高い「収納式センターテーブル」も使える。前席左右と後席で独立して温度設定が可能。

ラゲッジルームは、狭い駐車場でも開閉でき小物などの積み下ろしに便利な開閉式リアウィンドウが特徴。さらに通常シートアレンジ時のラゲッジスペースを上下2つに分割する「ラゲッジルームセパレーター」も装備する。荷室容量は、標準ボディが720~4,500L、ロングボディが1,030~5,000L、エクストラロングボディが1,410~5,500L。

安全装備として、ドライバーの疲労や眠気を検知して注意力低下を警告する「アテンションアシスト」、走行中の横風に対して車両片側のブレーキ制御を行う「クロスウインドアシスト」を標準装備。さらに先進機能のパッケージも用意する。内容は追突のリスクを低減するレーダー型衝突警告システム「CPA(衝突警告システム)」、最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する「ディストロニック・プラス」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」、危険を察知した際に安全装備の効果を最大限に高める「PRE(プレ)-SAFE(セーフ)」。


車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」、前後バンパーに埋め込まれた超音波センサーで障害物との距離を感知して警告する「パークトロニック」も標準装備する。

インフォテイメントシステムには、オーディオ、ナビ、電話など各種機能や車両設定の操作をタッチパッドで直感的に行える「COMANDシステム」を標準装備。オーディオは、Sクラスなどと同じ「Burmester(ブルメスター)サラウンドサウンドシステム」を設定している。

このほかアクセサリーの例を見ると2列目、3列目の乗員が映画やテレビなど多彩なコンテンツをドライブ中に楽しめる「リアエンターテインメントシステム」、室内の頭上に衣服などの軽い小物類を収納可能な「オーバーヘッドスペースネット」、頑丈なシートレールを生かしてロードバイクを運ぶ「車内用バイシクルホルダー」、リアゲートに簡単に装着できる「ターフ&カーテンセット(テールゲートテント)」などだ。

希望小売価格は535万円(税込)から。いずれも新エコカー減税(重量税、取得税 免税)および自動車グリーン税制優遇措置(翌年度自動車税75%減税)の対象。