Audi(アウディ)は小型車「A3 Sportback」をベースにしたスポーツモデル「RS 3 Sportback」を販売開始した。5気筒エンジンを搭載し、最高出力270kW(367PS)、最大トルク465Nmを発揮する。専用チューンを施した4WDシステムと足回りの強化も特徴となっている。

RS 3 Sportbackが搭載するのは2.5L 直列5気筒TFSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。小型車としては動力性能に優れ、7速Sトロニックのトランスミッションや専用の制御プログラムを組み込んだ4WDシステムと併用することで、0-100km/h加速を4.3秒まで縮めた。最高速度は通常250km/h。

シャシーは車高が25mm低くなっており、トレッドはフロントで25mm、リヤで10mm拡げてある。サスペンションやブレーキも強化している。RS専用デザインの19インチアロイホイール、235/35タイヤを履く。通常のA3 Sportbackと比べるとRSを象徴するハニカムパターンをシングルフレームグリルやリヤディフューザーなどに採用するほか、フェンダーの膨らみを増している。

インテリアは、全体がスポーティなブラックでまとめてあり、飾りステッチを配した専用デザインのスポーツシート、ステアリングホイール、セレクターレバー、メーターパネルなどを備える。5.3~10.9:1のバリアブルなレシオを備えたプログレッシブステアリング(電動パワーアシスト付)を標準搭載し、迅速な操作ができる。


希望小売価格は756万円(税込)。