DS Automobilesは主力車種「DS 3」「DS 4」「DS 5」にそれぞれブランド誕生60周年を記念した特別仕様車「EDITION 1955」を設定し、販売開始した。


Citroen(シトロエン)の高級ブランドだったDSは今年60周年を迎えて独立。その国内第1弾となる特別仕様車が「EDITION 1955」だ。DS 3、DS 4、DS 5の3モデルを同時発売し、それぞれ深みのある濃紺の専用ボディカラー、ブルー アンクルとゴールド基調とした 60周年ロゴやエンブレム、シリアルプレートなどを備える。

濃紺のボディカラーは往時の「DS21(1968)」を再現したものといい、DS Automobiles のコンセプト、「SPIRIT OF AVANT-GARDE(アヴァンギャルドの精神)」を細部に散りばめているとか。

3モデルの中で最も小型のスポーティハッチバックDS 3 EDITION 1955は、5台限定。17インチアロイホイールを装着するほか、最新のパワートレインとして最高出力110PSの1.2L 3気筒DOHCターボエンジンを搭載し、トランスミッションは6速EATとなっている。



クーペの美しい輪郭とSUVの高めのアイポイントが特徴のDS 4  EDITION 1955は10台限定となっている。大径18インチアロイホイールを装着し、シートには最高級グレードのセミアニリンレザーシートを備える。パワートレインは大幅に燃費を向上させた Euro 6適合、最高出力165PSの1.6L 4気筒DOHCターボエンジン。トランスミッションは6速EATだ。




フラッグシップモデルのDS 5 EDITION 1955は30台を取り扱う。新しいフロントグリルに加えてゴールド仕様のアナログ時計や最高級セミアリニアンレザーシートを装備する。エンジンは1.6L 4気筒DOHCターボ、トランスミッションは6速AT。




希望小売価格はDS 3 EDITION 1955が296万円(税込、以下同じ)、DS4 EDITION 1955が360万円、DS 5 EDITION 1955が460万円。