三菱自動車工業は、電気自動車(EV)の充電スポットを検索できるスマートフォン向けアプリケーションを改良し、場所だけでなく満空情報も把握できるようにした。

三菱ブランドのEVといえば、「MiEV(ミーブ)」シリーズと「アウトランダーPHEV」がある。そのオーナー向けに「三菱自動車 電動車両サポート」という会員サービスも利用でき、加入すれば充電スポットの検索アプリなどが使える。

ただ同アプリでは従来、充電スポットの場所が分かるが、ちゃんと空いているかどうかまでは把握できなかった。今後は「利用中」「休止中」といった情報をリアルタイムに確認できるため、充電待ちを回避可能だ。

充電スポットを検索したあとはアウトランダーPHEV標準装備のカーナビゲーション・システム「MMCS」(Mitsubishi Multi Communication System)への目的地設定をスマートフォンから行うこともできる。

また会員はアプリのほかにガイドブックも受け取れる。全国4,000件以上の充電スポット情報を掲載した全国道路地図、急速充電器のあるサービスエリア・パーキングエリアが一目で分かる高速道路案内図、充電スポットを活用しながらのドライブコース紹介などを冊子にまとめてあるそう。題名は「三菱自動車 電動車両サポート おでかけBOOK 2015-2016」。