General Motors(GM)はスポーツカーとしての性能を重視したクーペ「Chevrolet Corvette(シボレーコルベット)Z06(ズィー・オー・シックス)」とコンバーチブル「Z06 コンバーチブル」改良モデルを発表した。


2015年ル・マン24時間耐久レースの「GTE Pro」カテゴリーで8度目の優勝を飾った「シボレー コルベット C7.R」と同時に開発したモデル。スーパーチャージャー、直噴技術、アクティブ・フューエル・マネジメント(気筒休止)、可変バルブタイミングシステムなどの技術を搭載。第5世代の6.2L V8 エンジンを搭載し、最高出力485kW(659PS)、最大トルク881N・m(89.8kg・m)を発揮する。トランスミッションは7速MTに加え、ハイドラ・マチック8L90型パドルシフト付き8速ATを選べる。

VICS 3メディア対応 大容量(16GB)SDナビゲーション、地上デジタルチューナーを内蔵した「MyLink」統合制御カーナビゲーションシステムを標準装備。Apple CarPlayにも対応し、iPhoneとつないで「Siri」による音声操作が可能だ。

インテリアは、スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング、クローム製のスタート/ストップボタンを標準装備している。

これに加えサーキット走行のための「Z07パフォーマンス・パッケージ」を用意しており、ブレンボ製のカーボンセラミックブレーキ、ミシュランパイロットスポーツ「Cup2」タイヤを選べる。エアロダイナミクス装備として、ヴィジブルカーボンファイバー製グランドエフェクト(専用フロントスプリッター/コーナー、専用調整式クリアリアスポイラー(ヴィッカービル))も装着できる。パフォーマンスデータレコーダーがセットオプションとなり、ドライバーの走行データを自ら簡単に分析できる。

希望小売価格は1,425万円(税込)から。