ヤマハ発動機が発表したスポーツカーのコンセプトモデル「SPORTS RIDE CONCEPT」。東京モーターショーで披露した姿はなかなか素敵だった。


バイクメーカーとして名高い同社が今回はどんな四輪車を提案するのかと以前から注目が集まっていたが、公開となったのは2シーターの流線形なデザイン。「大人が日常的に楽しめる正統派のスポーツカープロポーション」としている。


2013年に発表した四輪車のコンセプトモデル「MOTIV」と同じく、ゴードン・マーレーデザイン社が提唱するF1に源流を持つ軽量&高剛性な車両構造「iStream」を採用し、ドライバーとマシンの関係を二輪車に近い世界観で表現したという。



全長3,900×全幅1,720×全高1,170mm。重さは750kg。

ヤマハ発動機によるとあくまでデザインコンセプトだそうで、エンジンフードが開かない構造になっているなど、まだすぐ量産モデルにつながるクルマではなさそう。なお、同社はiSteamを使った小型四輪車について、市販化に向けた開発を進めていると明言している。