ヤマハ発動機の企業ミュージアム コミュニケーションプラザでは、1992年に発表したF1エンジン搭載のスーパーカー「OX99-11」を12月まで展示する。

OX99-11は当時、ヤマハ発動機が参戦していたF1マシン用のV型12気筒3,500ccエンジンを搭載し、車体中央にドライバーズシートを配置したミッドシップのスーパーカー。カーボンモノコックフレーム、ハンドメイドのアルミ製ボディを採用して軽量化し、空力を追求した。カーデザイナー由良拓也氏が手掛けた。


一般道路を走行できるクルマとして開発したが、発表後間もなく世界的な景気後退によりスーパースポーツカー市場が急速に落ち込み、日の目を見なかったという。しかしヤマハの名で市販を公表した唯一の四輪車として歴史に名を刻んだと説明している。

なお、11月14日にヤマハ袋井テストコースで開催される「ヤマハ歴史車両デモ走行会・見学会」(静岡県袋井市)での走行を予定している。