ドライブレコーダーとレーダー探知機がセットになった「ZERO 701DR」をコムテック工業が発売した。ドラレコへの電源供給、探知機への映像入力を1本のケーブルで済ませられる。

外部入力端子&電源出力端子を搭載。付属ZR-10「ドライブレコーダー接続ケーブル」を使って、ドラレコと探知機をすっきりとつなげられる。

探知機の機能を見ると、オービスに接近すると自動で外部入力表示に切り替え、その位置を画面の「上」「左」「右」いずれか3パターンで赤く強調表示できる。生活道路など従来設置できなかった場所に対応した「移動式小型オービス」についても地図と実写で警告する。新設オービスなどの最新データは無料でダウンロードできる。さらにレーダースキャンでオービス、有人取り締まりを把握する。

ラウンドアバウト(環状交差点)や住宅街などで最高時速を30km/hに制限する「ゾーン30」にも対応。LEDで車速や警報に連動して点灯、点滅させる。アイドリングストップ車にも対応する。ハイブリッド車とOBDIIケーブルで接続してさまざまな情報を表示できる。

GPSのほかグロナス、みちびき、ひまわり、GAGANの電波を受信して位置情報を確認できる。「G+ジャイロ」システムによりトンネル内・高架下でも測位が可能。

一方ドラレコは有効100万画素、HD画質、30fpsでの録画が可能。本体の液晶画面で映像を表示でき、オプションのAVケーブルを接続すればカーナビゲーションシステムの画面でも再生できる。クルマの始動、停止と連動して録画を開始、終了する常時録画機能や、「Gセンサー」で衝撃を検知して録画内容を保護する機能もある。