ハイウェイスターSエディション
ハイウェイスターSエディション

日産自動車のミニバン「セレナ」のエントリーグレード「20S」が、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を標準装備した。また20Sをもとにした新グレード「ハイウェイスターSエディション」が登場した。

セレナは、広い室内空間に加え、衝突の回避や被害低減を図る「エマージェンシーブレーキ」、車線逸脱を注意する「LDW(車線逸脱警報)」などの安全装備を大きく打ち出している。

自動ブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーで注意する。ドライバーがうまく減速できないと、緊急制動をかけて衝突回避や被害軽減を図る。

今回20Sが自動ブレーキを標準装備したことで全グレードがこの機能を持つことになった。

一方、この自動ブレーキ付き20Sをベースにスタイリッシュな専用エクステリアをまとった新顔「ハイウェイスターSエディション」は、人気のある助手席側ワンタッチオートスライドドアや、プッシュエンジンスターターを備え、フロントドアに紫外線(UV)を約99%カットするガラスも採用。装備を充実させつつ価格は抑えたモデルとなっている。

なお、日産のグループ会社オーテックジャパンもやはり20Sをもとにしたカスタムカー「ライダーSエディション」を追加している。安全装備などを組み込んだうえで、専用のエクステリアとインテリアを採用している。

ライダーSエディション
ライダーSエディション

希望小売価格は20Sが228万5,280円(税込、以下同じ)から、ハイウェイスターSエディションが239万8,680円から、ライダーSエディションが273万5,640円から。