三菱自動車は、ワゴンタイプの軽乗用車「eKスペース」の標準モデル「G」とカスタムモデル「カスタムT」をベースに、予防安全技術「e-Assist1」や赤外線カットガラスなどの機能装備を採用し、専用の2トーンボディカラーを設定した特別仕様車「Style Edition」を12月3日に発売する。

eKスペース G Style Edition
eKスペース G Style Edition

eKスペースは、軽自動車の限られたスペースを有効活用し、広い居住空間を実現するとともに、リヤシートスライド(左右分割式)、室内の温度を均一化するリヤサーキュレーター、リヤドアガラスのロールサンシェードなどが装備されている。NA(自然吸気)エンジン車は低燃費とキビキビとした走り、ターボエンジン車は、よりレスポンスが良い力強い走りを実現している。

eKスペース カスタムT Style Edition
eKスペース カスタムT Style Edition

今回発売される「G Style Edition」は、2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を専用色(新色)として設定。「カスタムT Style Edition」では、2トーンスタイル「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を専用色(新色)として設定し、どちらも全5色のボディカラーの展開となっている。

また、予防安全技術「e-Assist」(低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]および誤発進抑制機能)を標準装備し、フロントウィンドシールド(約100%UVカット)とフロントドア/フロントクォーターガラス(約99%UVカット)にインストルメントパネル上面の温度上昇を抑制するIR(赤外線)カット機能を追加した。

G Style Editionでは、リヤ両側ワンタッチ電動スライドドア(イージークローザー付)を標準装備。(カスタムT Style Editionではベース車に標準装備)。カスタムT Style Editionでは、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備とした。

メーカー希望小売価格は1,514,160~1,915,920円(消費税込)。