ポルシェAGは、ポルシェ初の100%電気自動車のプロジェクト「ミッションEプロジェクト」を推進することを12月4日に決定した。ミッションEプロジェクトの車両は2020年末までに発売される予定。

ミッションEプロジェクトは、シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼン地域で1,000人以上の新しい雇用が生み、本社工場付近だけでも約7億ユーロの投資を行う。今後数年の間に新しい塗装工場と組立工場が建設され、現行のエンジン工場は電気モーター生産のために拡張されることになる。

ミッションEコンセプトカーは9月に開催されたフランクフルト国際モーターショー(IAA)でワールドプレミアを果たした。4つの独立したシートを備えた4ドアボディには600PS(440kW)を超す出力を備え、0‐100km/hは3.5秒以下を実現し、500km以上の航続距離が可能。この車専用に開発された800Vのチャージャーユニットを介して、車両フロア部に搭載されたリチウムイオンバッテリーは僅か15分の充電で最大航続距離の80%に相当するエネルギーを充電することができる。