ソラシドエアは、「空恋」プロジェクトの機体による沖縄県主体の「プロ野球沖縄スプリングキャンプへ GO!」」の運行を開始した。運航期間は、2015年12月15日~2016年3月末を予定。

機体とヘッドレストカバーに、プロ野球沖縄 SPRING CAMP2016のロゴマークと機体の名称「プロ野球沖縄スプリング キャンプへ GO!」が描かれ、客室乗務員はオリジナルエプロンで機内サービスを行う。


ソラシドエアの機体活用プロジェクト「空恋」は、地域振興を目的としており、1機体1自治体を基本に、機体側面に地名を表示すると共に、機内では各自治体独自の方法でPRを行うことができる。

ソラシドエアは、「空から笑顔の種をまく。」のブランドコンセプトのもと、「九州・沖縄の翼」として、九州・沖縄にはなくてはならないエアラインとしての成長を目指している。