ヤマハは、船外機操船制御システム「HELM MASTER(ヘルムマスター)」を採用したフライブリッジタイプのスポーツクルーザー「SR320FB」を3月3日に発売する。

SR320FBは、ヨーロピアンスタイルのフォルムで、250馬力船外機「F250D」を2基搭載したスポーツクルーザー。船外機操船制御システム「HELM MASTER」を国内で初めて採用した。

ジョイスティックモード時にはジョイスティック1本で横方向の移動や360度の回転を可能とし、離岸・着岸時や狭水路、マリーナ内などの狭いスペースでの操船を容易にした。

また、ボートへの乗り降りを容易にするサイドゲートを左右両舷に設置し、係留時の利便性を高めた。