アバルト埼玉が、2月6日にグランドオープンし、6日と7日にオープニングフェアを開催する。

さいたま市の国道463号線沿いの立地。外観はアバルト(ABARTH)のコーポレートアイデンティティカラーである赤がアクセントになっており、ショールームにはサーキットをイメージした光沢のあるアスファルト床「レジンフロア」が張られる。

展示車両スペースのほか、マーチャンダイジング展示コーナー、キッズスペース、ラウンジコーナーが設けられ、商談スペースにはサベルト社のレーシングシートがベースとなった椅子が置かれ、ブランドの世界観を体感できる。