2016年10月30日に開催される瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会『サイクリングしまなみ2016』のプレミアムエントリー(先着順受付)が4月25日に開始される。


『サイクリングしまなみ2016』とは、広島県尾道市と愛媛県今治市とを結ぶ瀬戸内しまなみ海道を舞台に、高速道路(西瀬戸自動車道)を通行止めにして開催されるサイクリング大会。供用中の高速道路本線を利用する国内唯一の大会で、クルマのいない、自転車だけの世界を存分に楽しめる。


コースは今治ICをスタートし、今治・尾道間を往復する走行距離約150キロの「COMPLETE SHIMANAMI150」や、今治から尾道を目指す走行距離約70キロの「ONOMICHI70」など全部で5つ。軽快車やタンデム車で参加でき、今治から大島の往復約40キロをのんびり楽しめる「OSHIMA40」コースも用意されている。


4月25日に受付が開始される「プレミアムエントリー」は「優先出走権」に加えて、「地元特産品パック」「大会特製サイクルジャージ」をセットにしたプレミアムパッケージ。「地元特産品パック」には、今治産白いタオルセット、尾道帆布サコッシュ、尾道紅茶、上島町オリジナルフォトフレーム、かみじまTシャツが含まれる。

「大会特製サイクルジャージ」(表側)
「大会特製サイクルジャージ」(表側)

「大会特製サイクルジャージ」(背中側)
「大会特製サイクルジャージ」(背中側)

なお、5月9日12時からは一般エントリー(抽選)の受付も開始される。抽選結果は、6月上旬頃に発表される予定。

■『サイクリングしまなみ2016』開催概要
開催日程:2016年10月30日(受付は10月29日)
参加定員:3,500人
交通規制:高速道路「西瀬戸自動車道」今治IC~生口島北IC間を通行止め
(午前6時から11時までの約5時間)
エイドステーション:コース上の12か所に設置

走行コースや応募方法などについて詳細は、サイクリングしまなみのWebサイトを参照されたい。